Lovearth yumezi

cosmic presents

*

獅子座流星群

   

本日のお題 「獅子座流星群

なんともまぁ・・綺麗なタイトルではありますが

 

根本で、お伝えしたいテーマは「因縁」です。

 

朝早く、マンションのゴミ置き場にいったんですが

自分の部屋から、ゴミステーションまでの

ほんのわずかな50メートルたらずの距離で

別れた旦那に会いました。((((((ノ゚⊿゚)ノ

 

ほんと、のんきな旦那でして(いや元旦那

チワワの散歩をしております。(;´▽`A“

それも朝の4時なのに、キャップなんかかぶっちゃってんの・・。

めないが好きではない」というのはこのことです。

 

 

元旦那「お前、こんな朝早くなにしてんだよぉ・・・」(ちょっと怒り気味・・なぜ)

yumezi「見たら、わかるでしょうに・・ごみ捨てですよ」

元旦那「ほんとにお前は・・・」(意味不明+一夫多妻系気味発言勃発

yumezi「あなたは、チワワちゃんのお散歩ですか」

 

ゴミ袋を丁寧に置き、ネットを優雅にかけ

振り返ると 顔面15センチぐらいの位置に

元旦那の顔が

ぎゃーーーと発声(オカルトか・・)

 

yumezi「なんですか・・あなたは・・」

元旦那「お前のこと嫌いになったわけじゃないんだ」(どこの脚本よ)

yumezi「いやさ。。聞いてないんですけど、そんなこと」

元旦那「いや・ごめん・・(ちょっと顔を斜め45度に傾けて)朝早いし・・気をつけろよ」

ディティールこまめすぎ 。。。天才的なパフォーマンスだよね

yumezi「メディアからやられてるよ・・あなた」

元旦那「なにそれ?」(IQ)(((( ;°Д°))))

(ワタシ・・アラフォー女で、何かしら危険があった方が、私としてはびかともおもうんですよ。)

yumezi「あなたも・お散歩して人生のにはまらないようにね(いや・・転けろよ)」

 

ほんとよく会うの

神様の嫌がらせなのか?というぐらい

くあの人とは会う

 

 

そんなこんなで、元旦那とはお別れをし

夜空を見上げた

星がチラチラ出ていて

わぉ・・キレイ

 

うっとり(^~^)

(おほしさまお願いします。・・・元旦那の邪気を全て吸い込んでください)

ケナゲにお祈りをして

推定距離 50メートルほどの細道を歩く

 

だんだん10年前の獅子座流星群の日の出来事がよみがえってきた

そう・・走馬灯のように・・・・

 

 

 

10年前、その獅子座流星群のとある日に

旦那から呼び出された

 

当時 yumezi 第二子妊娠 8か月

 

旦那 プルルルル(電話)「ちょっと出てきてくれないか?がある」(2人は別居中)

yumezi「わかりました。では20分後に現場に向かいます」

旦那「大事な話があるから」

 

先に現場についたあたしは、獅子座流星群が流れているのを見つめていた

 

旦那の車が見え、(おお。来たか)

この世のものとは思えないような、総顔グレー発色

こちらに向かってきます。

 

yumezi「なに?話って・・」

元旦那「・・・・・・・・・・・・・・・・」(話さない)

 

yumezi・・・・・・・・・・・・・・・待つ

元旦那「お前のこと!おれ!すっごい好きなんだ」(学芸会ですか)

yumezi「ありがとぅう」

元旦那「すごく好きなんだけど、俺、お前に向き合うエネルギーがなくなった。

もっとさ、ほら・・もっと(少々過呼吸気味 鼻炎持ちだから)地味でシンプルな女がいい」

yumezi(この方は、結婚というシステムを全然と言っていいほど、ご理解されていない)

yumezi「そうなんだ・・そりゃ・・どうしようもないね。私に探せっていうの?」

元旦那「いや、大丈夫、見つけたんだ(早いなぁ・・オイッ Σ(゚д゚;))、シンプルで地味な女を」

yumezi「よかったじゃない」(→ていうしかないwwww)あっぱれだよ・・ほんとに。あ・ん・た(TωT)

 

元旦那「俺の恋愛を邪魔しないでくれ」

yumezi(してないし。。。)

「そういう人のことなんていうか知ってる?トンチンカンっていうんだよ」(TωT)

 

(どっちかと言えば、の方が邪魔されてるでしょうに)

元旦那 号泣 小鹿系

yumezi(矛盾で傲慢かつロマンチックな要素をセンス悪くチョイスする。

そう、彼なりのストーリーがこの現場では繰り広げられている。

私は、目の前にいるこのを、彼のストーリーの一環として、一キャストとして

抱きかかえないといけないのだろうか)

 

2人の背後には 獅子座流星群

それはそれは見事にっこちている

 

yumezi「あなたも・・・・あれと一緒に、きれーに落っこちたら?」

元旦那「酔いしれててごめん+てない」

酔いしれの自覚はどうやらあるようで・・・)

 

(あたしゃ・・月間近で・・あんたをーおぶる御身体ではないのですよぉ・・?)

立てない元旦那を見下ろして、仕方ないので右腕を持ち

豪快に金剛力士かのごとく、車まで運んだ

ほんとに・・もぉ 

し・ん・じゃ・え・よ

 

こんなさらし、この場を借りていうのもどうかと思いますが

そして披露した挙句に言うのもなんですが

 

彼は、い人ではないんです。

純粋に、可愛らしい方でもあるし

ただ、全うにアホなんです。

 

 

この方とお付き合いをし、結婚生活を送った中で

「ごめん・俺、ほかの女・・本気で好きになっちゃった・・どうしよう」という

お問い合わせを

30人ぐらい受けたかな 

 

私はオペレーターか・・

 

最後の方とか 内線で繋ぐかのように 

家電

彼と浮気相手をつなげてたもんね・・・。「少々お待ちください」とか言っちゃってさ

 

浮気相手のアドレス帳を作成しようとも考えたこともあったかな

 

占い師って、自分のことわからないんですよ。

主観が入るのでね

ま・・これも今世での「課題」でしょうに

受けて立ちましたよ。

 

離婚をテーマに色々これからも記事をUPしようとは思いますが

まずは、入口「因縁」のご説明

 

運命と宿命は違います。

離れたくても、なんかしら出くわす「因縁」てあるんです。

皆様もあるでしょ?

なんでこの人と・・って

それは「因縁」です

 

またあの人(元旦那)と遭遇するんだろうけど

そろそろっていかなきゃな

 

もう彼との「カルマ」は終了したはず

プロ意識を持って

浄化作業に取り掛かろうと思います。

 

では・・本日のまとめ

「因縁」にそろそろ気づこう!

 

yumeziでした   
                               
  

 

2012-02-12 15:07:00

 

 - 占い師時代の過去記事, 因縁, 恋愛, 浮気, 結婚, 離婚 , , , , , , , , , , , , ,